au光というのは何でしょう

au光と言うものが有りますが一体何なのでしょうか。
KDDIが提供している光ファイバー回線ネットワークと呼ばれている物、プラスCDNと言うものとにより、色んなサービスを光ファイバー回線1本で提供してくれる総合ブロードバンドサービスがau光(ひかり)なのです。
サービス趣旨としては、インターネット回線接続、電話サービス、多彩なTVチャンネル、ビデオオンデマンド等が有ります。
そういったサービスをおスキな分だけ組み合わせて活用する事が出来るのです。
各サービスの解説をイージーにしますと、たぶん「ネットサービス」ですが、上りも下りも最大1Gbpsと言うハイスピードかつ大容量でインターネット回線サービスを提供しています。
また24時間年中無休で接続や設定にかんする問い合わせが出来るとなっていて、初心者さんでも、安心して利用頂ける様になっています。
次は「電話サービス」になりますが、NTTの固定電話と同じ様な感覚で利用いただける電話―になります。
サービス料金も月に525円と格安、通話料も全国一律と言うサービスとなっています。
近頃利用の電話番号や電話機を変えなくても引き続き助かるのです。
最後は「ビデオ・チャンネル」です。
自宅のTVで7000本程も有るビデオコンテンツやいっぱいのチャンネル(51ch)を手配していて月々少々315円をプラスするだけで活用出来るサービスとなっています。
au光と言う事でここでオーダーされたムービーがauの携帯に転送出来るサービスも有って、家でも外もau光を楽しめる様になっています。

光ファイバー回線というのは何でしょうか

au光それでは光ファイバー回線を通じて色んなサービスを提供しています。
その光ファイバー回線に対して解説してみましょう。
「安定している」「ハイスピード通信が出来る」「大容量の情報」これが光ファイバー回線の雰囲気となります。
今まで正統派の通信ノウハウであったADSLは電話局から自宅までの距離に対して、通信速度に差が出ていて不安定といった感覚でしたが、光ファイバー回線は導入するお宅から局所まで距離による影響を受けない為に安定した通信が出来るとなりました。
大容量の情報なのにずっと安定した実態をキープし、再びハイスピードで通信出来ると言うのは光ファイバー回線ならではじゃないでしょうか。
こうしてインターネット回線、電話、TVムービーと言った様なサービスが1つだけじゃなく数いっぱい共々提供してくれるのは見逃せないですよね。
この通信回線は即今出ている通信回線の中けれども優れていると言えるでしょう。
光ファイバー回線1本で「安定で」「ハイスピードで」「大容量」が実現出来ますが、それを活用して提供されているサービスがau光になります。
au光のトリプルプレイとして、あなたの暮らしのなかに一生に取り入れて出向く事が出来ます。
光ファイバー回線1本を取り入れる事で生活が劇的に楽にこうして爽やかになるのです。
au光それではインターネット回線、家電話、局が提供でき、もう一度auならではの携帯電話も提供してくれるサービスなのです。
光ファイバー回線を通じて実現できたau光のサービスは生活を豊富にしていただけるサービスなのです。

光ファイバー回線回線通信とADSL

旧ひかりone、近頃のau光はKDDIが提供している物になります。
こうしてNTTが提供しているフレッツ光、これはとも光ファイバー回線回線において活用が出来るインターネット回線サービスの事を指しています。
インターネット回線回線と言うと、NTT回線、ISDS、ADSLと今まで有りましたが、これらよりも早急て、提供している基地局の影響を受けない様な安定してハイスピードな通信が出来ると言う事が雰囲気として挙げられています。
いくら影響を受けないというのは言ってもマンションスタイルと言われるものに参画をしてしまうと、周囲で使っているみなさんによって仕舞う事になる為、ハイスピード通信がさほど保証されると言う事にはなりません。
というのは言っても速さ、リライアビリティはADSLと比べると優れているので光ファイバー回線回線による通信回線はいまや正統派となっているのです。
au光に対してもフレッツ光に対してもおんなじ事が言えますが、料金は定額制で見て取れる事がたくさんです。
定額の基本料金にプラスして、インターネット回線を使う為のプロバイダー料金が加算される様になります。
トータル的に見てみるとADSLと光は光の方が料金的にみて高くなってしまうが、サービス趣旨が段差異に差異ますし、自分が使いたいサービスだけを混ぜる事が出来ますし、細かいサービス趣旨が違ってきます。
使いたいだけにするとそこそこ費用的にもお安く抑える事が出来るのです。
そういったサービス趣旨をよく把握して、契約ときには趣旨を比較していくと良いとおもいます。