au光の長所というのは

KDDIは携帯電話やインターネット回線等、電気通信事業者なのですが回線業者それでも有ります。
その為に光ファイバー回線サービスとしてau光(ひかり)を提供していて、インターネット回線も出来るし、電話も出来るし、携帯電話も出来るしと1つでいっぱいのサービスが使える長所が有るのです。
その長所というのはどういうものか以下に挙げてみたいとおもいます。
【KDDIまとめて請求】
プロバイダーに対応しているau光、auの携帯電話の月々の料金の請求を1枚として送付して得るサービスが有ります。
これを「まとめて請求」と言います。
このサービスを活用する事でポイントが貯まったり、月額料金が105円の割引になったりと長所が有ります。
請求書も1枚に仕上がるし、請求額が105円割安になるしで長所がたくさんサービスですよね。
【auまとめトーク】
みんなまとめて話しちゃおうと言う見地のサービスが有ります。
このサービスを活用するには先程インフォメーションしたKDDIまとめて請求を活用する事、あるいは「au光の電話サービス」に対してテレフォンに指定する電話番号をau契約の形態にするだけで「au光の電話サービス→au契約の携帯電話」、「au光の電話サービス→auおうち電話」に対して国内通話が24時間365日無料になると言うサービスになります。
もう一度「auから自宅割」サービスも付加する事でau携帯電話から自宅への通話料が24時間無料になるのです。
自宅へいっぱい電話する方は入っておいた方が良いサービスと言えるでしょう。

au光の長所というのは3

色んな長所がau光には有ります。
その長所をごインフォメーションしてみたいとおもいます。
【回線速度がすばやい】
au光の大きな雰囲気としてはやっぱギガ得プランではないでしょうか。
auひかりには実行速度をテスト出来るものが有りますが、通例に見て下りで397mbps、上り384mbpsっていう収穫になり、高記録である事が分かります。
これはギガ得プランを契約している人全てに当てはまるものではないのですが、通例に見てこの位の回線速度はあるのです。
何故かと言うと、ギガ得プランに有る回線は最大32分割にされている共有型回線GE-PONとしているからなのです。
一定グレード的にインターネット回線を使っている分にはこの回線速度がここまで早急ても断じて趣旨合いはないかとおもいますが、1G以上のものをダウンロードする時には差異が伝わるかもしれませんね。
また安定的な回線速度が有るのでオンラインゲームを通じているたまに途中で居座る事も殆ど無いと言う事になります。
【料金と特典】
ギガ得プランの価値にかんしてですが月額5985円でインターネット回線と電話が利用出来ます。
インターネット回線料金5460円と電話料金525円での構成になりますので電話代が凄い短い事が分かるとおもいます。
今まで使っていたNTT電話の電話番号も丸々引き継ぎ出来る様ですし色々使い勝手が良いです。
またポイントがたまるのでそのポイントで携帯電話をオーダーしたりとお得な事もたくさんです。
ギガプランよりギガ得プランと言う方がお得感がたくさんです。

au光の弱点

弱点はau光にも有ります。
長所ばっかりが持ち上げられるとおもいますが、こんな弱点部位も認識しておく事で一段とよく活かす事が出来るとおもいます。
【回線速度】
au光の長所ともいえる回線速度ところが、逆転して弱点になる部位もあるやうです。
これはギガ得サービスのケースではに限った事だそうで、このプランそれでは回線をGE-PONと呼ばれる共有型回線(最大32分割)によっているからだやうです。
1000Mbpsの回線速度だとしても32分割ともなれば1分割あたり32Mbps位になる事もかんがえられますので、ギガ得サービスを自宅周辺で活用している数に依存する事にもなると言います。
現実の所、自分の自宅の付近に30世帯もau光でギガ得サービスを利用していると言うケースは全然かんがえられないと言うので平気というのはおもいませんので平気だとおもいますよ。
けれどもどうしても心配と言う方は相談してちょうだい。
【料金】
au光には2年契約と言う縛りが有ります。
これを途中解約してしまうと違約金を払わなければならないのです。
こうして解除しなくても途中で引っ越したケースではは撤去費用を払わなければならないのです。
その為に大いに縛りが有って、なんらかの実態で追加料金が発生する事がたくさん訳です。
【それ以外】
それ以外のau光の弱点としては、開通までの期間が他の業者よりかかると言われているのです。
またIPアドレスが6つまでしか割りあてられないので、足りなくなる見込みが出てくると言う弱点が有ります。

Related Posts

© All Right Reserved