通信速度の制限

KDDIが提供している光ファイバー回線サービス、au光に対して、2011年2月に大量データ送信の制限をする事を宣言しました。
au光を使っている顧客に対して一部通信速度が抑制される様な現象が有ったかとおもい、正に弱点として挙げている所も有りました。
そういった顧客達に対して爽やかにかつ安定的な環境条件にてサービスとして貰う為に、通信速度に制限を設けました。
それまでは平均を超えるデータ送信を持続的に行っていた顧客がそこそこいたそうで、そうした顧客に対してネットワーク資源の公平性を保つ為、確保を保つ為に通信速度の制限が開始される事になりました。
これにより、爽やかで安定したサービス提供が出来る様になる為、今まで制限を超えていた顧客に対して把握と協力を求めると言う事になります。
今まではKDDIの「au光」に対してご活用状況に合わせた設備増強に努めてまいりましたが、大量データ送信を通している顧客の影響で他の顧客へのサービス品質の低下が確認された様です。
通信速度の制限は「総量規制方式」と言う制限を設け、1日30GB以上の送信をする方は忠告が必要となります。
ですが、大量データ送信が予想されるHPの閲覧、メイルの受信、ダウンロードの様に下りのデータ通信はこんな制限の対象外と言う事になりますので、上りデータ、つまり顧客側から発信陥るデータは忠告が必要になるのです。
これで公平にサービスの活用が出来る様になるのですね。

速さで選ぶならau光がお奨め

通信速度が速いと言う雰囲気を持っているのがau光のギガ得サービスです。
上り下り一気に最大1Gbpsと言う速さを誇っています。
これは光回線を通じている業者の中それでも最も早い速度と言う事になるやうです。
対象としてNTTフレッツ光の速度が200bpsと言う事なのでその速さは5倍と言う事になりますね。
この速さを持っている事からムービーや音楽、ゲームと言うデータのダウンロードもスムーズに早急おこなわれます。
もう一度身内が家のなかで一気に使ったとしても速度自体にチェンジがおそらく出ないと言う通信速度なのです。
またギガ得サービスを選ぶと活用するプロバイダーの業者は何処を選んだとしても定額月額5460円と言う事になりますので、スキなプロバイダーを買える長所があるのです。
どんどんインターネット回線だけじゃなくって携帯電話をauで使っているなら、「電話サービス」と「auケータイ」と言うサービスをいっしょに契約する事でお互いの通話が24時間365日無料になると言う長所が有ります。
ですがギガ得サービスは長所ばっかりでは有りません。
活用するに当たっては次の様な忠告が必要になります。
先ずは2年間の契約の縛りが見て取れると言う事です。
途中解約をしたケースでは、9975円と言う解除料を払わなくてはならないのです。
またサービスの提供スポットが限定されています。
順次スポットは広がって行っていますので今提供されていないスポットの方は待つしか有りません。
と言う様な趣旨になっています。
仮にそういった面も考慮出来ると言うのであるのなら通信速度が素早いau光はお奨めのサービスだとおもいますよ。

光回線とCATVでは何が違うのでしょうか

光ファイバー回線を使っている有料放送にはau光やフレッツ光なんかが主に挙げられますよね。
こんなサービスとCATVのサービスというのはおんなじ有料放送なのに一体何が違うのかかんがえた事はないでしょうか。
CATVと言うのはオリジナルに敷設ケーブル網を電話線と並行させて扱う様にしています。
こうしてテレビの周波数を使って有線放送を実現させているのです。
対して光テレビの方はブロードバンド回線においてムービーや音声を専用のムービーに圧縮させ視聴させると言うノウハウを実現させています。
au光やフレッツ光はこれに当てはまる事になりますよね。
CAVTは今も昔もあるものです。
昔は自治体単位に1社と言う規制が有った為にスポットに対して1社と選択出来ない状況でした。
その後デジタルハイビジョン対応が受け取れる様になって、CATV毎にサービス趣旨にばらつきが生まれる様になってきました。
その収穫視聴者のなかで不愉快が目立つようになり、事業者再編と言う収穫に繋がっていったのです。
CATVは今ではインターネット回線サービスや電話サービスも取り入れて赴き、顧客獲得の為、サービス趣旨を充実させて出向く様になります。
また光側もテレビサービスを提供する等、サービス趣旨に差があんまり出ない様な感覚になってきました。
どちらを選ぶかは顧客次第に対してになりますね。
料金とサービス趣旨によって選定して出向く様になります。
とも長所、弱点が有りますので望ましく検討していただくと良いでしょう。

Related Posts

© All Right Reserved