電気ヒーター

暖房器具には、エアコン、石油ファンヒーター、ガスファンヒーター、電気ヒーター等が、有ります。

電気ヒーターと言うのは石油、ガスなどの化石燃料を使わず、電気を使って熱を発して暖める暖房器具です。

家電量販ショップ等では一般的に『電気ストーブ』として市販されていることが、沢山です。

電気ヒーターには高効率、消費電力が、わずか、燃料を燃やすことなく発熱することが、出来るため部屋の空気を汚さない、直ぐにあったかでなるなどの利点が、有ります。

またエアコンのようにフィルタに汚れが、付く心配もなく、カビなどの浮遊によってアレルギー源となる心配も有りません。

電気ヒーターはクリーンな環境要素で使えるため、密閉した戸内でも使うことが、でき、換気も石油ファンヒーター、ガスファンヒーターのように頻繁ではなく、最小限にすることが、出来ます。

燃料を燃やしていないので、いくらかの時間使い続けても部屋の空気の汚れを心配する必要は有りません。

一酸化炭素中毒、二酸化炭素の増大を心配する必要も有りません。

けど電気ヒーターの悪い点としては、エアコンやファンヒーターと違い、部屋の中全体を暖めることが難しいというのがあります。

電気ヒーターは、人体を直接的に暖めることに関しては向いていますが、部屋中までを暖める能力は有りません。

電気ヒーターで部屋中を暖めようとすれば、エネルギーをとても使ってしまうので、消費する電力が非常に大きくなってしまいます。

電気ヒーターの暖房器具としての特性を把握して他の暖房器具とうまく併用しなが、ら使っていくといいとおもいます。

電気ヒーターは局所暖房器具としての利用が、おススメです。

電気ヒーターには、ハロゲンヒーター、カーボンヒーター等多様なな部類が、有ります。

これらの中から自分のライフスタイルに合うものをどんなふうに見つければいいのか、選択法のポイントをインフォメーションしていきたいとおもいます。

まずは個々の長所を知ることで、どの部類が、いいのか、電気ヒーターの選択法の参照にしてちょうだい

値段相場


商材をオーダーする上で大切なポイントとなるのが、値段です。

値段が、すべででは有りませんが、お安くお得に買えたほうが、いいに決まっています。

利用している間の電気代等も有りますので、目先のオーダー値段だけで決める選択法は誤りするもとになります。

本体値段にプラス、利用している間にかかる電気代、省エネ等に対してもトピックした選択法が、後々損をしない選択法になるとおもいます。

主な電気ヒーターの値段相場と、かかる電気代に対して比較していきたいとおもいます。

『ニクロム線電気ストーブ』…昔からあるスタイルの電気ストーブ、足もとだけ等部位的な暖めにおススメ。

値段相場は3,000円台~、電気代はいくらかの時間使うほど高い。

『ハロゲンヒーター』…近赤外線なので部位的な暖めにおススメの電気ヒーター

値段相場は6,000円前後、消費電力が、高いため電気代は高い。

『カーボンヒーター』…遠赤外線を放射して体の芯まで暖める。

値段相場は約10,000円、電気代が、安いので省エネ。

『シーズヒーター』…遠赤外線の放出により暖かさが、いくらかの時間維持、安全に使える電気ヒーター

値段相場は約12,000円、いくらかの時間利用しても消費電力が、少なく省エネ。

『セラミックファンヒーター』…セラミックへ電気を流し発熱して空気を暖め温風をファンで送る、スイッチを入れたら直ぐに暖まる。

値段相場は7,000円~10,000円、暖房力はあまりないのでコンパクトな部屋におススメ、いくらかの時間の利用は電気代が、高くなる。

Related Posts

© All Right Reserved