電気ヒーターの部類

電源を入れたら直ぐに赤くなるヒーターが、電気ヒーターです

電気ヒーターには次のような部類が、有ります。

まずはこれらの中からどのスタイルの電気ヒーターが、いいのかかんがえてみましょう。

電気ヒーターの選択法では滑り出しに部類別の選択法からみていきます

ハロゲンヒーター

発熱体としてハロゲンランプを使った電気ヒーター

速熱即断性が、高く明るいのが長所です

ヒーターとして単体での寿命はおよそ8000時間有ります。

上の方機種としてカーボンヒーターが、有ります。

ハロゲンヒーターは『近赤外線』をいっぱい放出しているため、遠赤外線ほど暖かさを感覚ません。

体感的には、遠赤外線を放出するカーボンヒーターの半分くらいの暖かさです。

カーボンヒーター

発熱体として炭素化合物を使った電気ヒーター

遠赤外線の放射光率が、よく、ハロゲンヒーターの2倍遠赤外線の放射量が、あると言われています。

遠赤外線は近赤外線よりも人体に吸収され易いため暖かさを感覚ます。

寿命は5000~7000時間と言われています。

冬季に1日10時間使ったとして5年くらいの寿命だとおもいます。

シーズヒーター

発熱体としてニクロム線を絶縁体で包み金属パイプに入れたものを使った電気ヒーター

電気ストーブのなかで赤外線の放出量が、最も沢山と言われています。

ただし悪い点として他の電気ヒーターと比べると、暖まるまでに時間が、かかってしまいます。

電気ヒーターのなかでベスト1寿命が、長いと言う利点が、あり、10年以上の利用も出来るです。

けどその分作製経費が、かかり値段は高めと言う悪い点も有ります。

電気ヒーターの部類2

オイルヒーター

難燃性の油を温めて密閉容器内を循環させパネルからその熱を放熱して暖める器具。

電気を熱に変えているので一般的な電気ヒーターとキャパシティーにちがいは有りません

熱源が、露出していないためコンパクトな子どもやペットが、いても安心して使うことが、出来ると言う利点が、有ります。

電源を切ってからもしばらくの間余熱で温かいのも長所です。

けど部屋全体を暖めるほどの力はないため他の暖房器具との併用利用が、おススメ。

パネルヒーター

電気ヒーターをパネルで覆っているため、器具の外装が、熱くならず安心して使うことが、出来ます。

パネルの放熱により部屋を暖めることが、出来ます。

比較的速暖性が、有ります。

熱源が、出ていなく、空気も汚さないので、コンパクトな子ども、ペット、高齢者のいる家におススメです。

ただし他の電気ヒーターに比べて大きいので設置スポットをとると言う悪い点が、有ります。

マイカヒーター

絶縁体となるマイカ板へ発熱体を挟み、発熱体を暖めて輻射熱を発生するヒーター

パネルヒーターに特性は似ていますが、電熱線の輻射熱だけじゃなくマイカ板からも遠赤外線が、出ている点が、ちがいます。

それ以外にも電気を使ったスタイルの暖房器具には、電気毛布、ホットカーペット、こたつ等多様なものが、有ります。

どれも電流を抵抗体へ流し電気を熱に変換していると言う点では基本構造は同じです。

発生する熱エネルギーはほぼ同じですが、波長などのちがいによって電気ヒーターとしてありのままに使うときには個々体感は違ってきます

部屋の大きさ、どのようなシチュエーションで誰が、使うのか等選択法のポイントはいろいろです。

個々の電気ヒーターの長所、利点、悪い点を知ることで自分にベストワンな選択法が、出来るとおもいます。

Related Posts

© All Right Reserved