電気ヒーターの選択法

寒い時期には日々使うものですから、少しでも電気代が、お安く効率よく暖まるものを使う為に、省エネ設計であることも電気ヒーターの選択法の大切なポイントです

うまく省エネ家電を選定して使っていくことでかなり節電率は高くなります

省エネスタイルの電気ヒーターもいっぱいなってきました

電気ヒーターもかなり部類が、増てきたので選択法を間違えてしまうと誤りします。

省エネスタイルの電気ヒーターの選択法をインフォメーションしていきたいとおもいます

滑り出しのポイントは、まず『部屋の広さ』、『使途』です。

電気ヒーターには2ケースの暖め方が、有ります。

・局所的に暖める。

・全体的に暖める。

局所的に暖めるケースは、足もとだけを暖めたいとき、洗面所の中だけを暖めたいとき、キッチンに立っているときだけ暖めたいとき、脱衣所だけ暖めたいとき等が、有ります。

このようなケースにおススメなのは、『ハロゲンヒーター』、『ミニ大きさのセラミックファンヒーター』等です。

適正な部屋の広さとしては、洗面所、洗面所等です。

全体的に暖めるケースは、リビングを暖めたいとき、4.5畳以上の部屋を暖めたいとき等が、有ります。

このようなケースにおススメなのは、『カーボンヒーター』、『シーズヒーター』、『セラミックファンヒーター』等です。

適正な部屋の広さとしては、4.5畳以上の部屋です。

電気ヒーターを選ぶときには、局所的なのか全体的なのかどちらで暖めたいのかを決めてから選ぶようにしたケース無駄な電力を利用しなくてすみます。

省エネ生産品の選択法


省エネスタイルの電気ヒーターの選択法のポイントには次のようなものが
、有ります。

・熱効率を確認する。

・パワー調節システムを確認する。

・人感センサーを確認する。

・ゆらぎ運転を確認する。

熱効率の高い電気ヒーターは、電気を効率的に使って発熱することが、できて消費電力が、低く節電キャパシティーが、高いです。

一般的に熱効率の高い電気ヒーターと言われているのは、『カーボンヒーター』、『シーズヒーター』等です。

これらは発熱に遠赤外線を使っているので発熱後、遠くまで赤外線を届けることが、出来ます。

その為電力をあまり使うことなく効率よく暖めることが、出来るのです。

パワー調節システムが、ついているものは、細かくワット数を調節してパワーが、変えられるため無駄な電力利用が、抑えられます。

電気ヒーターの市販値段は、このようなパワー調節システムや楽システムの多さによって違ってきます。

安いからといって買ってしまうと、ワット数の調節もたいしてできず他の楽システムもなく、結論として電気代が、高くなってしまいます

一般的に安い電気ヒーターだとパワー調節は2段階、一定ステップのもので3~5段階、高システムな電気ヒーターになると10段階ついているものも有ります

電気ヒーターの一日あたりの利用時間が長い人は、パワー調節システムの高いものを選ぶと節電しなが、らいくらかの時間利用が、出来るになるためいいとおもいます。

人感センサーつきのものだと、人が、いるときだけ温めてくれるため、消し忘れなどの心配が、有りません

他の用事をおもい出し突然席を立ったケース等にも自動でオフになるため節電になります。

さらに人の体温を感知して運転出来るシステムが、ゆらぎ運転です。

人の体温によって暖めを調節してくれるので、効率よく暖まり節電になります。

暖まりすぎも防ぐことが、出来ます。

ショップ頭の市販値段だけを見て選ぶのではなく、以上のようなシステムに対しても確認した選択法がいいとおもいます

縦置き横置き


設置スポットによって、電気ヒーターを置けるスペース、高さ等が、限られている人もいるとおもいます。

使い易いように、大きさを重視した選択法をする人もいるとおもいます。

電気ヒーターは一定ステップ、縦置き、縦向きのまま使います。

けど中には横置きにして横向きの実態でも使える機種があるのをご存知でしょうか

ここでは縦置きでも横置きでも使える電気ヒーターをインフォメーションします

設置スペースが、限られているケース、本体大きさだけじゃなく、縦置きか横置きかも大切な電気ヒーターの選択法のポイントになるとおもいます

おススメの対応機種をいくつかごインフォメーションしますので参照にして頂戴。

・『コロナのコアヒート DH-1214R』

シーズヒーターなので非常に温かいです。

衝撃に強いです。

温度調節が、ダイヤルで11段階も出来る、330W~1150Wまで。

人感センサーあり。

本体の輻射部を縦横自在に回転させて使うことが、出来ます。

さらに上方へ3段階(10度、20度、32度)、下方へ5度、角度調節が、出来ます。

本体大きさは、幅34cm*奥行30cm*高さ71.7cm重さは5.8kg。

・『ダイキンのセラムヒート ERFT11RS』。

シーズヒーター。

衝撃に強力に持久性が、ある。

センサーモードで室温を感知し、部屋が、暖まったらパワーセーブします。

温度調節が、ダイヤルで10段階出来る、250W~1100Wまで。

本体の輻射部を90度回転して縦でも横でも利用出来る。

さらに上方へ30度、下方へ5度角度調節が、出来ます。

本体大きさは、幅32cm*奥行30cm*高さ72.8cm重さは6.8kg。

・『エスケイジャパンのメタルヒーター SK-FX1200』。

室温センサーで戸内温度を自動調整

温度調節が、出来る、100W~1200W。

すばやく暖まる、オート速熱。

縦向き、横向きどちらも使い分けが、出来る回転式。

ゆらぎ運転で省エネ。

上方へ30度まで角度調節が、出来ます。

本体大きさは、幅35cm*奥行35cm*高さ74cm重さは7.0kg。

Related Posts

© All Right Reserved